HOME

身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本
相続する財産に借金があるが、相続したい不動産などがある等のお悩みありませんか?

借金はあるが、どうしても相続したい財産がある

相続財産にどれだけの借金と財産があるのか不明

自営業を引き継ぎたいが借金がある

相続したい財産があるが借金がありそうだ

相続する借金と財産、どうしたら良いのかがわからないので解決方法を教えてほしい!

【 限定承認とは? 】

限定承認(げんていしょうにん)とは、相続人が財産を相続するときに、相続によって得た得たプラスの財産を限度として相続する相続方法です。
プラスの財産とマイナスの財産どちらもあるが、どうしても思い入れのある自宅は残したい、などという場合に最適な手続き手段です。

「相続財産に借金があるけれど、どのようにすれば良いのかわからない」というお悩みをお持ちの方から多くのご相談をいただいております。

相続財産に、「借金」と「価値のある財産」どちらもある場合がございます。

相続放棄手続きがよいか、限定承認手続きがよいか、様々なケースがございますので簡単に判断できません。

限定承認は手続きが煩雑ですので専門家に依頼することをおすすめいたします。
「限定承認について詳しくお知りになりたい方」や「限定承認手続きをご検討されている方」は、是非このサイトをご覧下さい。
限定承認手続きも期限がございます。
相続財産に負債があり、どのようにすることが一番良い方法であるか自身で判断せずに、専門家在籍の「限定承認相談センター」へ是非ご相談くださいませ。

無料相談も受け付けております。お気軽にお電話ください。