どうしても相続したい財産がある

相続する財産の中にどうしても引き継ぎたい財産があり、しかし同時に借金もありそうだという場合は限定承認の手続きが有効です。
よくあるケースが自宅だけは残したい、というケースです。
思い入れのある自宅を残したい、、と思われる方は多くいらっしゃいます。その他にも、マイナスの財産はあるが、故人が不動産や株を所有していた場合などにも、限定承認手続きはよい方法であるといえます。限定承認を行うには相続財産の現状を正しく知る必要があります。
一度、当センターへご相談ください。

こんな人におすすめ!
・マイナスの財産が多いのか、プラスの財産が多いのか分からない場合
・相続人が家業や会社を引き継ぎたい場合
・どうしても引き継ぎたい財産がある場合
・マイナスの財産はあるが、故人が不動産や株を所有していた場合
・自宅だけは手放したくない場合
・次順位の相続人に迷惑をかけたくない場合

※不動産を所有していた場合、「相続放棄」をしても管理義務というものが残る場合があります。
管理義務が残っている状態で、放棄した不動産(宅地・建物)が倒壊したりや火事で延焼してしまったりと、他の建物に損害を与えてしまったときに、損害賠償を支払わなければいけないというリスクが…。
限定承認では手続きの中で所有している物件を売却するので、管理義務を手放すことが可能というメリットもあります。
まずは、専門家に相談しどんな手続きがあなたにとって一番いいのかを一緒に考えましょう!